スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

四畳半寝太郎さんの考察について
ネットを放浪していて見つけた四畳半寝太郎さんのブログにて、第三者の視点から音楽にまつわるパクリ文化(?)に関する記述も含めた考察がありました。(以下引用)
*****
なんか嫌だ。

騒ぎになる理由もわかるし、出版社がとった措置について大筋は納得しつつも、どうも何か腑に落ちない。

*****
この「なんか嫌だ」という感覚はとてもよくわかります。
私は末次さんのFANなので彼女の作品が否定されてしまうのは確かに嫌なんですが、それとは別に客観的に考えたとしても「なんか嫌だ」という感覚がどうしてもついてまわります。

その感覚が何なのか、それは私のブログで「客観的考察を見て思うコト」とカテゴライズさせて頂いた色々な人の意見を改めて読み返してみると、なんとなく見えてくるような気がします。

単純に「パクリの是非」ということではなく、もっと本質的な部分での違和感や嫌悪感がそこにはあるのではないでしょうか。

四畳半寝太郎さんの考察内容とコメント欄でのやりとりを見ていて、一番「ああ、そうなんだよな」と思ったのは以下の部分でした。
*****
過ちは誰だって犯してしまうものです。そして、それは責任をとるべきです。しかし、同時にわれわれはどこかで赦さなければ共に生きることはできないのではないでしょうか。もしわれわれがどこかで赦すという知恵をわきまえなければ、世界はなんと殺伐と潤いのないものとなってしまうでしょう。

*****
胸にグッとくる言葉でした。
人間が豊かに生きていく上で「赦し」は必要不可欠なものだと私も思っています。憎悪や怒りを力に変えて生きていくことも、時には必要かもしれないけれど、でも、赦すことこそが本当の意味での強さだと、そう信じています。

末次由紀という漫画家は、そんな私の人生観というか、価値観というか…そんなものに触れる「感動」や「気付き」を与えてくれる作品を、たくさん生み出してきました。

私は少女漫画も少年漫画も青年漫画もBL漫画もレディコミも成人漫画も(笑)、たくさんの漫画を読んできましたが、娯楽の域をこえて心に深く響いてくる作品を描く作家はそう多くはありません。

私にとって末次さんはその貴重な「響いてくる漫画家」の1人なので、本当に、このまま消えてしまわないで欲しいと思います。また、多くの人に彼女の作品を読んでもらいたいと、心からそう望んでいます。
(勿論、読んだ結果として私と違う感想を持つことはあるでしょう。それはその人の自由ですし、みんな一緒はかえって気持ち悪いと思います。でも一度くらいは読んでみて欲しいな〜というのが正直な気持ちです)

■余談■

四畳半寝太郎さんがずっと末次さんのことを「彼」だと思っていらっしゃったのがなんだか微笑ましい感じでした。
また、本当に元々は何も知らなかった人が検証サイトやニュースなどを見た限りで考察したんだろうなぁと思うと、余計な先入観がないぶん真実味があるし納得できます。

個人的に、四畳半寝太郎さんには是非、末次さんの漫画を読んで頂きたいと思ってしまいました。少女漫画にどれくらい興味や耐性(苦笑)があるのかわからないのでもう思い切って勧めてみますが、「君の白い羽根」や「君の黒い羽根」のシリーズを読んで頂きたいなぁと。
彼女が身近な話題を取り入れ、自分なりのメッセージに変換して物語を表現してきた漫画家であることが、ひとりでも多くの人に伝わってくれたら嬉しいです。
| 客観的分析を見て思うコト | 10:39 | - | trackbacks(0) |

スポンサーサイト
| - | 10:39 | - | - |

<< ゆうきさらさんの考察について | main | 涙があふれるキモチ >>
この記事のトラックバックURL
http://henyo.jugem.jp/trackback/15
トラックバック
CATEGORIES
ENTRIES
COMMENT
TRACKBACK
ARCHIVES
PROFILE
SPONSORD LINK


ちはやふる(10)
末次 由紀
ちはやふる(9)
末次 由紀
ちはやふる(8)
末次 由紀
クーベルチュール
末次 由紀
ちはやふる
末次 由紀
ちはやふる
末次 由紀
ちはやふる
末次 由紀
ちはやふる
末次 由紀
ちはやふる
末次 由紀
ハルコイ
末次 由紀
君の黒い羽根―永遠の少女
末次 由紀
君の黒い羽根~DELUXE
末次 由紀
君の黒い羽根
末次 由紀
君の白い羽根~DELUXE
末次 由紀
君の白い羽根
末次 由紀
君の白い羽根
末次 由紀
Promise
末次 由紀
この胸の素直
末次 由紀
君のための何もかも
末次 由紀
Silver
末次 由紀
無料ブログ作成サービス JUGEM